東京子育て事情

東京で子育てするのは大変だけど楽しい!仕事も子育ても、楽しみながら育児するすべての親に役立つ情報を発信します。保活、保育園事情、家事の効率化・時短、子連れグルメ、お出かけ先など、知ってるとさらに子育てが楽しくなる情報をお届けします!

順天堂の無痛分娩どうだった?費用は?痛みは?【無痛分娩レポまとめ編】

f:id:ahiruko:20190126204752j:plain


2016年9月に第一子を順天堂大学医学部附属順天堂医院(以下、順天堂)で無痛分娩で出産しました。順天堂の良かったところ、微妙なところは?かかる費用は?通院は?出産は?入院生活は?などまとめました。

順天堂の良かったところ、微妙だったところ

 良かったところは?

  •  地域周産期母子医療センターの充実の医療体制・安心感
  • 24時間いつでも産科専門の麻酔科医による無痛分娩可
  • 新生児室で赤ちゃんの預かり可、母子同室も可
  • セミオープンシステム利用可
  • 母乳育児推奨だが、母親の意思を優先する柔軟さ
  • 「レストランヒルトップ」の食事券付き(食事は普通)

何といっても、母体搬送などの産科救急に対応している地域周産期母子医療センターの安心感!そして、日本では先進的ともいえるほどの充実した体制で無痛分娩に取り組んでいて、24時間無痛分娩に対応していることの2つが決め手となり、私は順天堂を選びました。そして、終わってからもこの2点に大満足しています。

無痛分娩を扱う病院は多いものの、その体制は様々で、順天堂は総合病院でありながら24時間対応していること、計画分娩ではなく、自然な陣痛が来てからのお産が可能であることがその大きな特徴です。

微妙だったところは?

  •  通院時の診察の待ち時間がとにかく長い(1~3H)
  • 診察予約の変更は来院でないと受け付けない鬼システム
  • 出産費用が高額(私は約110万円)詳細後述
  • 一部の例を除き、計画分娩による無痛分娩は行っていない
  • 入院期間は4日と短め。でも、指導内容は充実。
  • 院内はちょっと暗め。清潔感あるので気にならず。
  • 医者が淡泊、常に忙しそう。
  • 助産師さんが常に忙しそう。でも質問すれば的確に答えてくれる。
  • 母乳指導はあるも母乳マッサージはない

微妙だったところはいくつかありますが、決定的に悪かったところというのは私にとってはありませんでした。産院によっては、ホテルのような設備があったり、天使のようにやさしく丁寧にコミュニケーションをとってくれる医者や助産師がいるところもあるようなので、そのようなサービスを求める方には順天堂は不向きかと思います。

充実の医療体制、24時間無痛分娩のためなら、多少高くとも、設備が普通でも、多少対応がクールでもOKという考え方の方にはとてもいい病院だと思います。

順天堂の無痛分娩、費用はお高い?

 私の出産・入院費用は以下の内容で約110万円でした。

  • 無痛分娩
  • 分娩誘発剤使用
  • 鉗子分娩
  • 鉄剤・ロキソニンの処方
  • 4人部屋使用
  • 入院日数4日間

ちなみに「正常分娩の平均的な出産費用について(平成28年度)」によれば、入院日数の平均は6日、妊婦合計負担額の平均はは505,759円とのことなので、約2倍かかってますね。

やはりお高めです。

充実の医療体制の元、無痛分娩をするために支払った金額と思えば、満足ですが、少々お高めですね。

予約はどうやってとるの?

 順天堂での出産は大人気。予約数の上限が設定されています。
8週以降で心拍が確認できたらすぐ予約しないとダメです。9週に入ってからではもう遅いことがほとんど。順天堂での出産を検討している場合は、妊娠がわかったらすぐに情報収集して、8週目に入ったらすぐに予約できるくらいのスピード感で動きましょう。
8週に入ったらすぐに産院で心拍を確認してもらい、順天堂を受診。セミオープンシステムの提携先の病院の場合は、提携先病院からファックスを送ってもらう必要があるなど、手順があるので、要確認です。
とにかく順天堂のHPを要チェック↓

当院での分娩についてのご案内│順天堂大学医学部附属順天堂医院 産科

 通院はどうだった?

順天堂の微妙だったところ、ナンバーワンは通院時の待ち時間です。特に初回診察時は予約不可の鬼システム。3時間待ちました。
初回診察は午前中の早い時間に来院されることをお勧めします。

無痛分娩での出産はどうだった?

 私は初産にもかかわらず、ほとんど痛みなく出産できました。陣痛の最中、分娩台の上で3時間ほど睡眠をとる余裕さえあったほどです。 また、麻酔の副作用(事前に麻酔の副作用として起こりがちなトラブルとして説明があった内容)や赤ちゃんにへその緒が巻きついていたため新生児仮死で産まれるなどのトラブルに、手厚い医療サポートのおかげで、迅速に対応してもらえたのは、本当によかったです。

入院生活は?

入院は基本4日。
「正常分娩の平均的な出産費用について(平成28年度)」
によれば入院日数の平均は6日なので、なんと平均の2/3。

その分、授乳、調乳、入浴などの一通りの育児指導はしっかり受けられるものの、システマチックでややあわただしかった印象。
食事の味は普通。院内はちょっと暗めですが、清潔感はあります。ホテルライクやサービスや設備はなく、ザ・病院といった雰囲気です。

医師や助産師は基本、忙しそう。ただ、質問すればしっかりと答えてくれますので、対応が悪いということはありません。
基本的には母乳育児推奨ですが、こちらの希望にあわせてくれます。母乳マッサージはなし。
 食事は普通。


意外とすごくよかったのは、希望すれば赤ちゃんを新生児室で預かってくれること。しっかり体を休めることができました。

 1か月健診は?

産後1か月ごろに母子の健診を受けます。例のごとく待ち時間は長めです。

まとめ

順天堂での出産を一言でいうと、金額はお高めですが、充実の医療体制の中で24時間無痛分娩で出産できるところ。

都内にはたくさん病院があり、良い点、微妙な点はさまざまなので、どこで出産するかは本当に迷いますよね。

以上はあくまで私の体験談ですが、産院選びの参考になれば幸いです。

需要がありそうなら、出産や入院生活についてもう少し詳しく書いてみようかな。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村