東京子育て事情

東京で子育てするのは大変だけど楽しい!仕事も子育ても、楽しみながら育児するすべての親に役立つ情報を発信します。保活、保育園事情、家事の効率化・時短、子連れグルメ、お出かけ先など、知ってるとさらに子育てが楽しくなる情報をお届けします!

保活オススメ本

保育園入園活動、いわゆる保活について、保育園入園を希望される方に役に立てばと思い、私の保活の時に役に立った資料をまとめてみました。

f:id:ahiruko:20190325144644j:image

産休・育休を取得して子供を産むと、すぐに考えなければならない、というか、妊娠中から考えなければいけないのは保活のこと。子供を預けて働きたいパパ・ママには避けては通れない道です。保活は情報戦です。私は妊娠して、安定期が来た頃、周囲の妊婦が保活を始めたと聞いて焦りました。焦ったけれども、同時に、保活って一体なにから始めればいいのーとも思ったのです。調べもの大好きな私は本屋さんや図書館でいろいろと保活関連の本を読み、無事に保活を乗り切ることができました。私が読んだ中で特に参考になった3冊を紹介します。

 

①まるごとわかる保育園 自由国民社

まるごとわかる保育園新版 楽しく読めて、保育園と保活のことがしっかりわかる本 [ カツヤマケイコ ]

価格:1,404円
(2018/12/15 16:41時点)
感想(2件)

ダントツのオススメ本です。

この1冊があれば保活に関する基本的な情報はほぼ網羅できます。なにか1冊読みたい人はこれ!

漫画でおもしろくかつわかりやすく保活について説明されており、保育園ってそもそもどんな種類があるの?だとか保育園に預けるためには、いつから何をすればいいの?という基本的なことから丁寧に説明してくれます。さらに、保育園は何を基準に選べばいいの?であったり、入園準備と入園後のシュミレーションなどについても作者の経験談を元にかなり細かく教えてくれます。

 

②保育園に入りたい! 日経DUAL編日経BP

保育園に入りたい!(2019年版) これ一冊で「保活」のポイントがわかる! (日経BPムック 日経DUALの本) [ 日経DUAL ]

価格:1,000円
(2018/12/15 17:21時点)
感想(0件)

 保活のポイントがわかります。特に年度ごとに新しい版が出るので、その年の傾向と対策を特集してくれているのはりがたいです。保活の年間スケジュールを早見表で示しているページはとてもわかりやすい。他の保活本を読んだ人でも、このページは必見です。保育園問題を取り巻く社会情勢なども掲載されており、読み物としても面白いです。

 

③共働きファミリーの仕事と子育て両立バイブル 日経DUAL編 日経BP

【店内全品5倍】共働きファミリーの仕事と子育て両立バイブル マンガでわかる! 仕事も、子どもも、愛している頑張る共働きママ・パパのための決定版/日経DUAL編集部【3000円以上送料無料】

価格:1,296円
(2018/12/15 17:32時点)
感想(0件)

②と同じく国内最大級の共働きサイト日経DUALが編集した本。こちらの本は、職場への妊娠の伝え方、祖父母へのお礼の伝え方など、細かいところへのアドバイスが詰まった本。保活に限らず、妊娠~学童保育事情まで、長期間の子供との生活を快適に過ごすための知恵が詰まっています。保活を終えた人にもおすすめです。 

保活は情報戦です。さらに幼保無償化などで、今後、激化するとも言われています。何が保活で重要なことなのかをしっかりと本で学んでから、生の情報を足で稼ぎ、役所の資料を読み込めば効果的な保活ができます。これから保活をする人は後悔のないようにがんばってください!